ホーム  >  FXの注文方法  >  指値注文

IFD(イフダン)注文

「IFD(イフダン)注文」は、一度に二つの注文を出して、最初の注文が約定したら二つめの注文が 自動的に発動される注文方法です。

IFD 注文の基本

たとえば、1ドル=115円でドルを買うという注文を出す場合、同時に「1ドル=120円になったら ドルを売る」という注文も出しておきます。つまり、最初の注文が約定したら、その反対売買の 注文を自動で出すのが「IFD(イフダン)注文」です。二つめの注文は、最初の注文が成約 しない限り発動されることはありません。注文は、「指値」でも「逆指値」でも出せます。 また、思惑どおりに相場が動いた場合の「利益確定」や、パソコンの前にいられず、その間に 相場が急激に動いて大きな損失を被らないための「損切り」にも有効な手段として利用できます。

利益確定パターン

IFDで利益を確定する

たとえば、上昇トレンドと予想して、利益狙いの買い注文を指値で出したとします。相場が1ドル=115円の状態で、1ドル=116円になったら買い(指値)、114円になったら売り(逆指値)という「IFD (イフダン)注文」を発注します。相場が1ドル=116円になったら買い注文が成約し、同時に1ドル=114円になった場合の売り注文が自動的に有効になります。予想と反した相場の動きがあった場合 でも、1ドル=114円になった時点でストップ(売り)が成約されますから、【損益は2円で確定】ということになります。

損失限定パターン

利益確定パターンの例では、予想どおりに相場が動いてくれた場合のケースですが、相場はそう そう思うように動いてはくれません。。。時には損益を出す場合もありますから、損失は最小限に 食い止めたいところです。そうした場合は、「指値買い+逆指値売り」で損切りを確定させてしまう 方法で注文を出します。(ロスカット注文)

IFDで損失を限定する

現在、相場は1ドル=115円で上昇トレンドに転換した様相です。このトレンドに乗って一定の利益を狙いにいくケースでは、1ドル=116円になったら買い(指値)、118円になったら売り(指値)という「IFD(イフダン)注文」を発注します。相場が予想どおり118円になったら、【2円の利益が確定】されます。もちろん、相場が1ドル=120円まで振れるケースもあるでしょうが、より高値を狙っているうちに「下げ戻し」にあって、利益がなくなってしまったということもあるでしょう。利益獲得チャンスを確実にものにしたい場合は、「指値買い+指値売り」の注文を同時に出しておくことで、一定の利益を確保することが可能です。

IFD(イフダン)の注意点

「IFD(イフダン)注文」は、同時に二つの注文を出せますが、一つの注文に対して決済方法は一つというルールがあります。つまり、一つの注文が決済されたあとは、二つめの注文が発動されるわけですが、利益確定パターンで注文した場合、思惑と反対に相場が動いた場合の売り(損切り)決済は、手動で行うことになります。FXは、利益を最大限に引き出すトレードが理想ですが、”損失をいかに少なくするか”という視点がより重要になってきます。特に初めてFXを される場合は、損切りを抑えるためのIFD(イフダン)注文から始めて、利益確定を手動でやることをお薦めします。

【次のページ】 OCO(オーシーオー)注文