ホーム  >  FX入門書  >  FXのレバレッジ

FX基礎知識〜初心者必見〜

FXのレバレッジとは

外国為替証拠金取引(FX)ではレバレッジという言葉がよく使われます。これは日本語に直すと「てこ」という意味です。 外国為替証拠金取引(FX)では、最初に外国為替証拠金取引(FX)業者に証拠金(保証金)を渡し、それを元手に、何倍もの価値のある通貨を買うという投資をします。この取引金額と証拠金(保証金)の割合(倍数)をレバレッジと呼びます。外国為替証拠金取引(FX)業者・企業は5倍から200倍ぐらい、中には400倍ものレバレッジをかけている業者もいます。例えば、10万円の証拠金(保証金)を業者に預けて、1万ドル(約100万円)のドルを買うという取引の場合、レバレッジは、100万円(取引金額)÷10万円(証拠金)=10倍 となります。また、レバレッジが1倍という場合は、 100万円の証拠金(保証金)を業者に預けて、1万ドル(約100万円)のドルを買う という状態を指します。

レバレッジで大切なことはリスク管理

レバレッジを大きくかければ、少ない証拠金で大きな金額を動かすことができます。しかし、10万ドル、20万ドルとポジションを増やしていった時に為替が大きく動いた場合、大きな利益を得られる可能性がある反面、大きな損失をこうむる可能性も同じだけあります。これが「外国為替証拠金取引FX」が「ハイリスク・ハイリターン」と呼ばれるゆえんです。これから外国為替証拠金取引を始める方は、レバレッジ2〜3倍程度での取引をお勧めします。取引に慣れてきたら5〜10倍から20倍程度、短期売買の時は100〜200倍など、投資スタイルに合わせて使い分けるとよいでしょう。外国為替証拠金取引FXの特徴をよく理解し、きちんとリスク管理を行えば、外国為替証拠金取引は怖いものではありません。レバレッジとポジションの量、資金使用率に気をつけ、リスク管理を充分に行いながら、自分に合った投資法を見つけていくことが大切です。

  • FXをはじめるまえの準備
  • 役立つ情報を収集しよう
  • FXの証拠金
  • FXのレバレッジ
  • FXの利益・損失
  • FXの金利差益
  • マージンコール
  • ロスカットルール
  • ナンビン・塩漬け
  • 信託保全
  • FXの税金