ホーム  >  FXの注文方法  >  指値注文

指値注文

「指値注文」は、「売りたい価格・買いたい価格」を指定して取引する方法です。為替市場は絶えず変動し続けていますから、レートが常に自分が取引したい価格だとは限りません。納得した値段で取引したい、パソコンの前でじっと待つ時間がない人は、この「指値注文」が便利です。

成行注文

たとえば、1ドル=115円50銭〜115円55銭というレートの時、取引したい価格が1ドル=115円 0銭の水準で買いたいという希望があるとします。 このケースでは、「1ドル=115円の指値で買い注文」を出しておきます。このように、指値注文は 「今よりも低いレートで買いたい、あるいは、今よりも高いレートで売りたい」場合に取引できる 便利なトレード方法なのです。

指値注文の注意点

上記の例で「1ドル=115円の指値で買い注文」を出したケースでも、為替が自分が思ったとおりに変動(円高が進行)しない場合があります。こういう場合は、なかなか取引が成立しません。指値の値段が為替レートとかけ離れるほど、注文が成立する確率が低くなります。そのレートがその金額に達しないと、いつまでも売買ができないということです。できるだけその時のレートに近い水準で指し値注文をする方が、約定する確率が高くなります。

指値注文の特徴

メリットデメリット
あらかじめ約定する値段が分かっている。
希望する取引価格で注文が可能である。
希望するレートに相場が変動しない限り、
売買(取引)は成立しない。

【次のページ】 逆指値注文