ホーム  >  FX入門書  >  FXの金利差益(インカムゲイン)とは?

FX基礎知識〜初心者必見〜

マージンコールとは

FXでは、証拠金の数倍〜数百倍の金額での取引が可能です。ハイリターンではありますが、それだけにハイリスクでもあります。レバレッジを10倍でかけていれば、利益が出れば10倍の利益になりますが、損失が出れば10倍の損失になるわけです。そこで取引会社は、証拠金を大きく上回るような損失が出ないようにするため、マージンコールとロスカットとという独自の仕組みを導入しています。 マージンコールとは、担保として預け入れた証拠金の金額が、現在の含み損(現在のレートで決済した場合に発生するであろう損失)を差し引くと、大きくマイナスになる状況になった場合、証拠金の追加預け入れを求める警告です。基準は取引会社によって異なりますが、証拠金維持率が50%〜70%を下回った場合に、マージンコールがかかる場合が多いです。

マージンコールがかかったら

マージンコールの制度そのものに拘束力があるわけではありませんが、マージンコールがかかったということは、ロスカットの執行が近いということを意味しています。マージンコールがかかったら、決められた時刻までに、追加の証拠金を預け入れて、証拠金維持率を規定のラインまで引き上げなくてはいけません。また、ポジションを一部決済して、取引の規模を小さくすることで、維持率を高めることもできます。

  • FXをはじめるまえの準備
  • 役立つ情報を収集しよう
  • FXの証拠金
  • FXのレバレッジ
  • FXの利益・損失
  • FXの金利差益
  • マージンコール
  • ロスカットルール
  • ナンビン・塩漬け
  • 信託保全
  • FXの税金