ホーム  >  FX基礎知識  >  外国為替取引証拠金の仕組み

FX基礎知識〜初心者必見〜

外国為替証拠金取引の仕組み

FXの仕組み外貨投資というと外貨預金や外貨建てMMFなどがおなじみですが、より積極的にリターンを追及したいという人に 高い注目を集めているのが、「外国為替証拠金取引(FX)」です。 外貨預金と比較しながら、まずは外国為替証拠金取引(FX)のしくみについておさえておきましょう。円を外貨に替えて預金する外貨預金、円を外貨に替えて安全性の高い短期金融商品などで運用する外貨MMF等、 外貨に投資する商品には様々なものがあります。外国為替証拠金取引(FX)も、外貨に投資する投資商品の一つ です。最近では、大きなリターンが期待できる外貨投資の方法として、注目されています。 「ところで外国為替証拠金取引(FX)って何?」という方のために外貨預金と比較しながらお話を進めていきます。たとえばあなたが、100,000円の資金で外貨(米ドル)に 投資するとします。外貨預金なら100,000円分の米ドルを 買い、預けることになります。対して外国為替証拠金取引(FX)では、100,000円の何倍かの金額分の米ドルを買うことができます。これが外貨預金と外国為替証拠金取引(FX)の 最も大きな違いかも知れません。外国為替証拠金取引(FX)では、投資するお金(証拠金)を担保としてより多いお取り引きを行うことができます。 少ないお金で大きなお金を動かすことができる…。このことを「てこの原理」(レバレッジ)に見立て、「レバレッジ効果」と呼んでいます。 たとえば100,000円の証拠金でレバレッジを2倍にする、という場合は、200,000円のお取り引きをすることに なります。レバレッジを何倍にするかは、取引会社が定めた範囲であなたが自由に決めることができます。 なお、レバレッジを1倍にすると、外貨預金と同じ効果になります。

円安・円高ところで、あなたは今、為替相場について、円安が進むと思いますか? それとも円高が進むと考えますか? 円安が進むと考えた人が、円を売って外貨を買い、実際に円安が進んだのちに外貨を売れば、為替差益が得られます。これは外貨預金も、外国為替証拠金取引(FX)も同じです。 でも円高が進むとしたら…? 円を外貨に替えて預ける外貨預金では、為替差損が生じる恐れがあります。 「円高が懸念されているから、今は外貨預金には適さない時期だなあ」と、投資の機会を見送った経験を もつかたも多いでしょう。 そんな場合に力を発揮するのが、外国為替証拠金取引(FX)です。 外国為替証拠金取引(FX)では、『外貨を買う』というお取り引きだけでなく、『外貨を売る』というお取り引きからはじめることもできます。外貨を売るお取り引きでは、円高になることによって為替差益を得ることができます。 ところで、あなたが現在持っているのは円で、外貨は持っていないのに、どうやって外貨を『売る』ことができるのでしょう。 たとえばあなたがある商店街の魚屋さんだとしましょう。超人気有名人御用達ということから大人気になり、いつも 品薄状態の魚があります。そこであなたは、次に入荷したときに魚を渡すという約束で、1匹500円、代金先払いの予約販売をしました。あなたは、『今は手元にないもの』を売ったことになります。 これが、外国為替証拠金取引(FX)でいうところの、『外貨を売る』です。 そして数週間後、あなたは300円で魚を仕入れ、お客さんに渡します。これでお客さんとのお取り引きは終了。 外国為替証拠金取引(FX)に言い換えれば、これで解約(決済)です。500円で売っていますから、あなたは200円の利益を手にすることができました。 『あとで渡す約束をして、ないものを売り、あとからもっと安い値段で買って、売った相手に渡す』。これが、外国為替証拠金取引(FX)における、『外貨を売る』というお取り引きのしくみです。

【次のページ】 FXの魅力とリスク