ホーム  >  FX入門書  >  FXの税金

FX基礎知識〜初心者必見〜

FX取引の税金

FX取引の税金についてですが皆さんが支払う税金は外貨証拠金取引においても同じことです。ひと言でいえば雑所得に掛かる税金ということですが、総合課税というのが、その対象となる税金です。安心して頂きたいことは、消費税などはもちろんですが、取引においてその他の税金はまったくかからないことになっています。ただし皆さんには確定申告を行う義務が発生します。雑所得として勘定される外貨証拠金取引で発生した利益だからです。しかし非課税になる場合もあります、ほかの雑所得を含めた合計金額が年間20万円以下の場合でありなおかつ2000万円以下の年間給与所得であることです。申告をする義務はあっても現実に税金が掛かるのは、総収入から必要経費を差し引いた上記の額を超える場合となります。収入を得ている人は例外なく税金を支払う形になってます。ちなみに受取スワップも含める利益から『取引損失』+『売買手数料』+『支払スワップ』の差し引き合計が総収入となります。当然、他にも総合課税の対象となる収入が1/1〜12/31迄の取引においてある人はそれらも合計して算出しなければなりません。去年の取引における損失を、今年の取引分に繰り越すことはできないということはここで勘違いしてはいけません。経費が必要なのが外貨証拠金取引です。その必要経費の全額が対象となるかどうかは税務署を通さなくてはわかりません。いわゆるその必要経費とは取引で使用するために購入したパソコンの購入費、インターネットの使用料金などです。何かを購入したときの証明に領収書は必ず必要になってきますので大切に保管しましょう。詳細の確認は、個人によって条件が少々異なる為、税務署に確認したほうがよいでしょう。

非課税枠20万円

非課税枠20万円のお話ですが、有効利用の仕方です。投資法を長期保有による金利収入を目標とするものとしたと仮定して皆さんにお話します。そこでは日々貯まっていくことになるのは、スワップポイント(受取り金利)としての交換通貨の金利差分です。未実現利益として扱われるのがポジションを精算しない限り通常では毎日貯まっていくスワップポイントです。これは雑所得として勘定されわけですね、当年は。裏技で覚えておいて損はないのがが皆さんが合計で受取るスワップ金利が年間で20万円以下の場合、すべて非課税になるということです。それから、外為証拠金取引において、税制上3つの優遇措置が在るくりっく365という取引所があることを覚えておいてください。その3つは。“3年間の繰越し措置が損失がでた場合あること。”“税金は一律20%のみ利益に対してかかること”“損益通算が先物取引・商品先物とできること”です。覚えておいてほしい事は、申告分離課税とされて、税金は一律20%のみとなるのはこの、くりっく365の投資で得た利益で、20%を越す適応税率の方の場合は、(違いは外貨証拠金取引を行う個人によってありますが)、クリック365が確定申告の手間もありませんので税率面で有利なことです。

  • FXをはじめるまえの準備
  • 役立つ情報を収集しよう
  • FXの証拠金
  • FXのレバレッジ
  • FXの利益・損失
  • FXの金利差益
  • マージンコール
  • ロスカットルール
  • ナンビン・塩漬け
  • 信託保全
  • FXの税金